無理な食事制限は危険

急激な食事制限はやめましょう

体重を落とす、体脂肪を減らすといった言葉は
ダイエットをする時に一度は聞く言葉ではないでしょうか。
体重を減少させるなら食事の量を減らせばいいと短絡的に考えている人は多いですが、
そうすることで、筋肉量が減少します。
筋肉が減ると代謝も低下して、リバウンドが起こりやすくなるだけでなく
以前の状態よりも脂肪の割合が多くなってしまいます。
そのため、ダイエットをする前よりも体重を落としにくくなってしまうのです。
つまり、食事制限により痩せて筋肉量が低下するという流れはとても問題が多いのです。
それに、体重が増加する原因は食べ過ぎがすべてというわけではありません。

むしろ、活動レベルの低下であったり、
加齢による低下に因る方が大きいと言われているそうです。
実際に、日本人の一日当たりの摂取カロリーは
20年前と比べて減ってきていると言われています。
摂取エネルギーの量に気を取られる前に消費エネルギーの低下に
注目しないといけません。
太ってしまうのは体を動かさないという生活習慣が原因です。
だから、消費エネルギーの少ない歩き方から多い歩き方に変えるだけでも
だいぶダイエットの結果は違ってくるでしょう。
特別な時間を作る必要は特にないと思います。


inserted by FC2 system